仮想通貨取引の心得

たいそうなタイトルですが、これから始める方もすでに始めている方も気になるポイントをまとめました。

投資ではない、投機ですらない、むしろギャンブル

この手の商品は全てにおいてある意味「ギャンブル」ですが、仮想通貨は特にその色が(まだ)強いです。「投資」や「投機」とみるにはまだ早い気がします

ここ数ヶ月で何倍にも跳ね上がり、経済誌やネット記事を見ればまだまだ上がるという内容ばかり、しかもこんな通貨が数百種類もある…となればワクワクせずにはいられないもの。

当たり前ですが”約束された通貨“なんてものは存在せず、(株やドルや円も含めて)明日にはどうなっているかわかりません。仮想通貨は存在そのものがなくなる可能性もあります。

…ということは重々承知でわかっているんだけどもやってみたい!むしろやるんだ!という方が(私も含め)今この文章を読んでくれているんだと思います(笑)

余剰金の余剰金でやるべき

これもいろんなブログで書かれていることですが、取引を始めるなら余剰金の余剰金でやるべきです。「このくらいなら無くなってもいいや」という気持ちで始めるのがベストです。

まぁ「なくなってもいいや」と思えるおカネなんて無い方が当然だと思いますが…

例えば「給料日に1万円だけ入金しよう」よりか、給料日前に「今月1万円余ったから入金しよう」だと後者のほうが望ましいです。前者は投資信託や積立預金にしたほうが幸せになれるかも知れません…

テクニカルな見方をしない

いくら世界が熱狂しているとは言え、流動性や取引量は為替市場には到底及びません。そもそも市場が成熟していない時にテクニカルな考え方はほぼ無意味だと思います。

瞬間的な売り・買いの幅で「これだけ売られたら戻るかも」とか考えるとキリがないですし、そもそも予想なんてできません。

よく調べる

今ここを読んでいるあなたは相当に検索能力や洞察力が高いと思われます。なんたってこんなマイナーブログに辿り着いたんですから!

仮想通貨は1,000種類以上存在する世界になっています。中には詐欺コインもありますし、どっかのギークがお遊びで作ったコインもあるでしょう。さすがにcoincheckなどの企業で取り扱っている通貨が詐欺だった…ということはないと思いますが、「なぜそのコインを選んだのか」明確な理由を見つけたほうが愛着がわきますし応援できると思います。

どうしても「ブロックチェーン技術」は難解になりがちですが、全てを理解する必要はないのでせめて”推しコイン”の推しポイントを知っておいても損はないかも知れません。

「買い」注文しかしない

推しコインが決まればいざ!買ってみるわけですが、仮想通貨はギャンブルです。ある日突然爆発的に上がる通貨に当たればラッキーです。つまり買いしか注文しません。

最初に”売り”から入るような手法は今の相場では早いと思います。

買ったら放置

買ったら放置します。おそらく数日の間に乱高下を繰り返すでしょう。含み損も膨らんでいくかも知れません。しかし買う時に使った日本円は余剰金の余剰金です。なくなってもいいお金のハズです。

いつの日か…

買ったコインがある日突然吹き上がったとしたら「俺は間違ってなかったんだ…」とどこぞの主人公のような気持ちになるかも知れません。

ギャンブルと考えるなら競馬や宝くじよりもまだ当たる確率が高そうな気がします。(この考え自体が中毒かも知れませんが…)

この世界に”タラレバ”は厳禁ですが、どうせ後悔するなら「あの時もっと買ってたら良かった…」と思いたいものです。

スポンサーリンク